携帯で株取引>移動平均線 詳細

携帯で株取引

移動平均線とは?

移動平均線とは、過去の一定期間における株価の終値の平均値をグラフ化した線です。過去の株価の値動きを分析できれば売買タイミングをつかみやすくなります。

移動平均線には、「5日移動平均線」「13週移動平均線」など、さまざまな期間のものがあります。短期では、「25日移動平均線」が、長期では「26週移動平均線」などがよく利用されています。

例えば、「5日移動平均線」を求めるには、直近の5日間の終値の平均値を線に表しています。1日経過すると、その日の株価が新たに組み入れられ、前日の計算に用いられた株価のうち、最も古い株価が計算対象から外されて、新たに平均値が計算されるという仕組みです。

移動平均線は、短期の動きを知りたいのなら短期のものを、長期の動きを知りたいのなら長期のものを用いるのが一般的です。


携帯で株取引に戻る
Mobiledoor,inc.