携帯で株取引>ローソク足:日/週/月

携帯で株取引

株価チャートは以下の図のような形で、株価の推移を表したものです。これを見ると株価のトレンドや、相場のエネルギーやリズムをつかむことができます。この株価チャートをよくみるとローソクのような形のものが並んでいることがわかります。これをローソク足といいます。ローソク足は1日の株の値動きを示し、終値が始値より高い場合を陽線といい白いローソクで表し、終値が始値より安い場合を陰線と呼び黒いローソクで表します。



ローソク足は、「胴体」の部分がありその上下に「ヒゲ」が伸びる形になっています。陽線の場合、胴体の下辺がその日の始値、上辺がその日の終値となっていて、上昇している動きを示します。陰線の場合は、胴体の上辺がその日の始値、下辺がその日の終値となっていて、下落している動きを示します。どちらも上のヒゲの先端が高値、下ヒゲの先端が安値を示します。

ローソク足は1日の動きだけでなく1週間の動きを示すことも出来ますし1ヶ月や1分間の動きを示すこともできます。1日の値動きを示すものを「日足」、1週間の値動きを示すものを「週足」、1ヶ月の値動きを示すものを「月足」といいます。一般的には、大きなトレンドをつかむには週足、こまかく売買タイミングをはかるのには日足を使うことが多いです。またデイトレードには「分足」を利用します。


携帯で株取引に戻る
Mobiledoor,inc.