携帯で株取引>株式FAQ集

携帯で株取引

立会外分売とは?

立会外分売は大株主の保有株を小口に分けて証券取引所の立会外で不特定多数に売り出すことをいいます。証券会社が投資家に大量の株式を市場で売りたいとき、一度に取引所に売りを出すと、市場の混乱を招く恐れがあります。こうした事態を避け、上場会社の株式分布状況の改善や個人株主の増大を図るための方策として利用されています。分売価格の設定は投資者が値段を指定することも、競争入札の形をとることもあり、分売時のほうが市場取引の値段よりも割安な値段で提示されます。


戻る
携帯で株取引に戻る
Mobiledoor,inc.